きつね録Online

マイナーな商品をわかりやすく紹介

「正社員=安定」は過去の遺物?現代の仕事のありかた

f:id:fallfoxlog:20170602231202j:plain

僕が職場の環境に耐えかねて正社員の仕事を辞めようとした時、親から猛反対をくらいました。

「せっかくの正社員の仕事を辞めるなんてとんでもない。嫌なことがあったらそうやってすぐに逃げるのか」 と

「俺が若い頃だって辞めたいって思うことはたくさんあったよ。でもそれを我慢して続けてきたんだ。働くってのはそういうことなんだ。」 と

 

辛かったです。

 

これまで自分の味方だったはずの親にこのように言われ、「逃げ出すことは悪いことなんだ・・・」と、自分を縛り付けていました。

そんな時に支えてくれたのが当時の彼女、現在の妻な訳ですが、まあその話はさておき。

 

今になって思えば、親がこのように考えるのも当然のこと。 私達の親世代、具体的にいうと団塊世代からバブル世代にかけては「正社員=安定」の式が成り立っていたのですから。

しかし、はたして現在でも正社員は安定だと言えるのか。 そして、これからの時代どのように仕事をするべきなのか。

今日はこのテーマについて考えていきたいと思います。

 

終身雇用制度の崩壊

なぜ昔は「正社員=安定」という式が成り立っていたのか。 その背景には終身雇用制度というものが大きく関わっています。

終身雇用制度とは

終身雇用制度とはその名の通り、正社員として採用した人を定年まで雇い続ける制度のことです。 一昔前まで、正社員として一度会社に入社したら一生その会社で働き、無事に定年退職を迎えるのが慣例であり、常識でした。

しかし、今はどうでしょう?

大企業であるシャープや東芝が大規模な人員削減を行ったニュースは記憶にも新しいと思います。 その他にも、様々な企業で赤字やリストラのニュースが後を絶ちませんし、ニュースにはなっていませんが数々の中小企業が倒産しています。

この時点で、既に終身雇用制度は成り立っていないと言えるでしょう。

「正社員=安定」はもはや過去の物なのです。

 

僕の敬愛するブロガー、ヒトデさんも以下の記事でこう語っています。

 

shachiku-festival.com

 

そりゃね、昔は良かったと思うよ? 就職=終身雇用みたいなノリじゃんな? まあ、それならわかるよ。会社が俺達を守ってくれるんだよな。それなら会社のためにそれなりに尽くして、社内で上手くやっていけるように頑張るよ でも、今、違うよね?? 全然終身雇用じゃないよね? 自分の身を守れるのは自分だけだよね?? クビとかリストラとかは置いといても、そもそも俺が定年になるまで弊社生き残れるの??? ガンガン会社潰れてるけど! 40年とか生き残ってる企業の方がレアだけど!

 

それな!!

もう僕の言いたいこと全部言ってくれた!さすがヒトデさん!

そうなんですよ。弊社俺のこと守ってくれないんですよ。

昔はどんなに辛い職場でも我慢して勤めていれば昇給するし、出世もする、ボーナスにも反映される。定年までの雇用を企業が約束してくれるから頑張れるし、やる気も出る。

でも今は?

違うよね?

今は我慢すればするほど消耗していくだけだよね? 昇給はほとんどしないし、業績が悪ければボーナスもない。挙句の果てに希望退職とかいう名のリストラをする。

使うだけ使ってポイだよね。

定年までの雇用約束してくれんの? 無理だろ?

だったら最近の若者はすぐに辞めるとかで煽るのやめろや! 時代が違うんだよ、時代が。

 

逃げることは悪なのか

冒頭、僕が逃げられなかった話をしたと思います。 そして無理して勤め続けた結果、僕は適応障害という精神的な病気にかかり、退職を余儀なくされました。

 

「正社員=安定」の式は既に崩れ去っています。

そのような時代に、無理して一つの会社に勤め続ける必要はあるのでしょうか?

僕は無いと思います。

会社が自分を守ってくれない今、正社員に固執し続ける理由はほとんどありません。

むしろ、健康と職を失うことだってあります。

 

いいじゃないですか、逃げたって。

無理したところで辛いのはあなただけ。会社は平気であなたを見捨てます。

 

自分のスキルを伸ばす道を

軽々しく逃げろなどと言いましたが、逃げたあとどうすればいいのか。 もしくは、会社から見捨てられる前に何をするべきなのか。

そのような時は、資格や語学の勉強をしてみてもいいです。なにか副業を始めてみてもいいです。デザインやライティングの技術を磨いてみるのもいいでしょう。

とにかく自分のスキルを伸ばす道を探してみてはいかがでしょうか。

20代の若者が生意気なことを言うようですが、こうやって自分のスキルを伸ばしていくことが、今の時代の生き方なんじゃないかなと思います。

 

先程紹介した記事で、ヒトデさんもこう語っています。

会社に依存してしまうのは、本当に危険だ 会社と労働者は対等じゃないといけない でも、会社が無いと無理……ってなったらそのバランスは崩れる そして、会社はそんな状態になったとしても、あなたの事を守ってはくれない! 自分を守れるのは自分だけだ!! これは何も だから会社なんて頑張らなくても良いとか 会社なんて辞めた方が良いとか そういう事を言ってるんじゃ無い! 形はどうあれ、会社が仮になくなっても余所の会社で、もしくは自分1人でやっていけるようになる必要があるんだ! 会社に依存しないで済むような仕組みを、自分で作るしかねぇ!! そんな感じ!

もうこの記事必要なくね?ってくらい、僕の言いたいこと言ってくれています。

最終的には、自分のスキルを伸ばすしか自分を守る術はないんです。

会社に依存して仕事をしていくのではなく、自分のスキルを伸ばし、会社以外でも稼ぐ方法を見つけていく。

これが現代の仕事のあり方ではないでしょうか。

 

まとめ

正社員だからって無理して勤め続けることに意味はない。 会社に依存せず、自分でスキルを身につける努力を。

 

ちなみに、この記事を書くにあたりヒトデさんにリンクの許可を求めたところ、快く許可して頂けました!心が広い!

そんなヒトデさんのブログはこちら↓

www.hitode-festival.com

めっちゃ面白いよ!

おしまいっ