きつね録Online

マイナーな商品をわかりやすく紹介

ホコリまみれ?ポテチまみれ?キーボードの分解掃除手順まとめ

f:id:fallfoxlog:20170605153546j:plain

6年もの間、見てみぬふりをし続けていたことがあります。
本当はずっと前から気づいていたのに、目を背けていたのです。

なにから?

キーボードの隙間がくっそきたねえってことからだよ!

はい、きつねです。6年ぶりにキーボードを掃除しました。
まあ6年ぶりというか、正確に言えば、6年前に買ったときから一度も掃除をしていなかっただけなんですが。

f:id:fallfoxlog:20170605154619j:plain

これですね

いやー、汚かったです。新宿の裏通りよりも汚い。

積もりに積もったホコリに髪の毛、猫の毛、お菓子の食べかすetc.

あなたのキーボードは大丈夫ですか?

掃除をしよう

ってことで、掃除しましょう、掃除。

キーボードの分解掃除なんて大したことはありません。その気になれば1時間で終わります。

そのまま汚いキーボードを使い続けるのと、1時間後に綺麗になったキーボードで気分良く使うの、どっちがいいかって話ですよ。

道具だってこれといって特別なものは必要ありません。家庭によくある道具で、充分に分解掃除出来ます。

手順もたったの4手順。お手軽簡単。

さあ、れっつお掃除です!

手順1:キートップを外す

まず、キートップを外します。
外す前に、キーの配列確認用の写真を撮っておくといいかも。

今回分解したのはLogicoolのK340というキーボードですが、構造はどれも変わりません。同じ手順で分解できます。

サンワサプライ キートップ引抜工具 TK-013

サンワサプライ キートップ引抜工具 TK-013

 

 本来、このような道具を使って外すのですが、こんなものは必要ありません。

f:id:fallfoxlog:20170605015803j:plain

ピンセットを下に差し込み、テコの原理で持ち上げるだけで、あっさりと外れます。

f:id:fallfoxlog:20170605021129j:plain

 外したらこんな感じ。

きったねえwwwwwww

この調子でどんどん外していくのですが、気をつけて欲しいのは、スペースキーやShiftキーなどの横幅が長いキー。

f:id:fallfoxlog:20170605015825j:plain

金属のバーがついてます。

折らないように、気をつけて外しましょう。

f:id:fallfoxlog:20170605015836j:plain

外したキートップはこのように、配列順に並べていくと、組み立てる時に楽です。

f:id:fallfoxlog:20170605015848j:plain

外し終わりました。

f:id:fallfoxlog:20170605015859j:plain

6年間、目をそらし続けた結果がこれ。

せめて年1くらいで掃除しよう、そうしよう。

手順2:エアダスターで吹きとばせ!

 キートップを外し終わったところで、取り出したるはエアダスター。

f:id:fallfoxlog:20170605015910j:plain

パソコン掃除の必需品なので、各家庭にひとつはあると思います。

なかったら買いましょう。400円くらいで買えます。

ナカバヤシ ノンフロンエアダスター 40838

ナカバヤシ ノンフロンエアダスター 40838

 

 

f:id:fallfoxlog:20170605015922j:plain

どうでもいいけど、エアダスターってめっちゃ必殺技っぽくてかっこいい。

「くらえッ!エアッ・ダスターァァァ!!」みたいな

f:id:fallfoxlog:20170605021121j:plain

吹き飛ばし後。

この時点でだいぶ綺麗になります。

手順3:汚れを拭き取る

汚れを吹き飛ばしたら、あとは拭くだけ。

精密機器は水分に弱いので、無水エタノールを使います。

f:id:fallfoxlog:20170605021110j:plain

これも一般家庭にある・・・よね?

中に水さえ入らないようにすれば、水拭きでも大丈夫だと思う。・・・多分

無水エタノールP 500ml

無水エタノールP 500ml

 

 

f:id:fallfoxlog:20170605021059j:plain

細かい部分が多いので、綿棒を使うと楽です。

f:id:fallfoxlog:20170605021052j:plain

新品同様! とまではいきませんが、だいぶピカピカに。

手順4:キートップの掃除&組み立て

さて、後はキートップについたホコリを落とし、組み立てるだけです。

キートップの汚れが気になるときは、洗濯ネットに入れて水で丸洗いしてしまっても大丈夫。
その場合、水気がなくなるまでしっかりと乾燥させ、配列を間違えないように気をつけて下さい。

僕は気にならない人なので、拭くだけにしました。(乾かすの面倒臭いし)

f:id:fallfoxlog:20170605021327j:plain

毛羽立ちが少ないキムワイプを使うといいでしょう。

これはさすがに誰でも持ってるはず!

日本製紙クレシア キムワイプ S-200 6個入り

日本製紙クレシア キムワイプ S-200 6個入り

 

 f:id:fallfoxlog:20170605021320j:plain

一個一個拭いて

f:id:fallfoxlog:20170605182357j:plain

戻す。

f:id:fallfoxlog:20170605021418j:plain

金属のバーがついたキーは、バーをセットしてから

f:id:fallfoxlog:20170605021411j:plain

押し込みます。

あとはこれを繰り返すだけで

f:id:fallfoxlog:20170605021404j:plain

完成!

 

掃除を終えて

見た目はほとんど変わりませんが、心なしかキータッチが軽くなった気がします。

気分も、新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーに爽やか!

やっぱり、見て見ぬふりを続けてもなにもいいことはありません。思い切って行動することが大事ですね。