きつね録Online

マイナーな商品をわかりやすく紹介

Amazonで買える!5万以下のオススメノートPC【2017年版】

f:id:fallfoxlog:20170928143427j:plain

Amazonの配送はとても優秀です。

Amazonプライム会員なら注文した当日、もしくは翌日には商品が届くので、待っている時間がほとんどないんです。

そして、それはパソコンを購入する場合だって例外ではありません。

今日注文したパソコンが、早ければその日の夜には届きます。

他の通販サイトじゃなかなかそうはいかないですよね。

この記事では、そんなAmazonで買える「5万円以下のオススメノートPC」を紹介していきたいと思います。もちろん、全てAmazonプライムの対象商品です。

プライム会員への登録はこちらから

 

 

関連記事

PC初心者必見!超簡単なパソコンの選び方ガイド - きつね録Online

2万で買えるPC「ThinkPad X220」がコスパ最強で優秀すぎる件 - きつね録Online

15インチ以上、据え置き型ノートPC

据え置き型ノートパソコンは、スペックや拡張性が高いものが多く、動作が遅くてストレスになることはほとんどありません。

しかし重量があるため、家の中の移動くらいは問題ないのですが、外で持ち歩くには不向きです。

メインPCとして家の中でつかうのであれば、迷わずこのサイズを選びましょう。

Lenovo ThinkPad L540

最初から大本命。「Lenovo ThinkPad L540

執筆時点での価格は47,259円

正直なところ、これだけ紹介しておけばいいんじゃないかと思わなくもありません。

このパソコンの一番の特徴はなんといっても、CPUにCore i5が搭載されているということ。他のメーカーのパソコンならこれだけでお値段10万クラスです。さすがに最新の第7世代ではなく第4世代のCPUですが、性能はほとんど変わりません。

メモリは4G搭載されており、最大16Gまで増設可能。Bluetoothやカードリーダーが標準装備されているのも嬉しいですね。

ストレージがHDDではなくSSDであれば完璧でしたが、この値段では厳しいでしょう。SSDへの換装は意外と簡単なので、どうしてもSSDがいい場合には、買ってから自分で交換することもできます。

 

また、これはThinkPadシリーズ全般に言えることですが、キーボードがめちゃくちゃ打ちやすいです。

ノートパソコンにおいてキーボードは軽視されがちなのか、打ちづらいキーボードも多いのですが、Lenovoは昔からキーの配置や形、キーストロークの深さなどにこだわっており、一度使ったら別のキーボードには戻れないとまで言われているほど。

ブログの更新など、日常的にパソコンで文章を書く人には特におすすめできます。

詳細スペック

CPU: Core i5-4210M(2.6GHz)
メモリ(最大): 4G(16G)
ストレージ: 500G HDD
光学ドライブ: DVD スーパーマルチ
画面サイズ: 15.6インチ
OS: Win7Pro 32bit (Win10Pro-DG)
Bluetooth あり(Bluetooth 4.0)
ワイヤレス あり(インテル® Wireless-N 7260 b/g/n)
本体重量: 2.58kg
バッテリー駆動時間: 9.80 時間

メーカーページはこちら

レノボ・ジャパン 20AV0078JP ThinkPad L540

レノボ・ジャパン 20AV0078JP ThinkPad L540

 

 

CPUの性能を少し落として値段を抑えたモデルもあります。

CPUがCore i3-4000M(2.4GHz)になっている以外、特に変わりはありません。

価格は執筆時点で41,999円

 

Acer Aspire E5-576-A34G/K

お次は「Acer Aspire E5-576-A34G/K

Amazon限定モデルで、価格は49,800円。更に5000円引きのクーポンが適用できます。

こちらはCPUが第6世代のCore i3-6006U(2.0GHz)で、メモリが4G(最大32G)と充分なスペックをそなえています。

HDDが1TBもあるので、動画の保存などを行っても容量が足りなくなることはないでしょう。

高速Wifi規格の「IEEE802.11ac」に対応しているので、無線LANの通信速度の面だけで言えば先程紹介した「Lenovo ThinkPad L540」よりも上です。

ただ、DVDドライブが搭載されていないのが少し残念ですね。

詳細スペック

CPU: Core i3-6006U(2.0GHz)
メモリ(最大): 4G(32G)
ストレージ: 1TB HDD
光学ドライブ: なし
画面サイズ: 15.6インチ
OS: Windows 10 Home 64bit
Bluetooth なし
ワイヤレス あり(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)
本体重量: 2.23kg
バッテリー駆動時間: 8 時間

 

ASUS VivoBook X540LA

お値段 50,234円で、ちょっとだけ5万円超えちゃってます。「ASUS VivoBook X540LA

CPUは第5世代のCore i3-5005U(2.0GHz)、メモリが4G。普段使いする分には困らないスペックです。

拡張性はありませんが、その分本体が薄く、軽いです。

本体重量1.9kgなので、持ち運んで外で使用することもできます。

バッテリー駆動時間が短めなので長時間の持ち運びは出来ませんが、家でも外でもパソコンを使いたいという人におすすめです。

ASUSのノートパソコンといえば、昔は電源周りのパーツが弱いイメージがありましたが、最近ではそういう話も聞かないので改善されているのだと思います。

詳細スペック

CPU: Core i3-5005U(2.0GHz)
メモリ(最大): 4G(4G)
ストレージ: 500GB HDD
光学ドライブ: DVDスーパーマルチ(2層ディスク対応)
画面サイズ: 15.6インチ
OS: Windows 10 Home 64bit
Bluetooth あり(Bluetooth 4.0)
ワイヤレス あり(IEEE802.11 a/b/n)
本体重量: 1.9kg
バッテリー駆動時間: 4.2 時間

メーカーページはこちら

 

東芝 Dynabook B35

据え置き型最後の紹介は「東芝 Dynabook B35」です。

執筆時点での価格は39,999円で、他のパソコンよりちょっと安め。

その代わりCPUもちょっと控えめな Celeron 3215U(1.7GHz)。

文章作成やWebブラウジングをする分には問題ありませんが、それ以上の作業をするには厳しいスペックです。しかし、国内メーカーなので保証をうけるときはちょっと安心ですかね。

手軽に使えるパソコンが欲しい方におすすめします。

詳細スペック

CPU: Celeron 3215U(1.7GHz)
メモリ(最大): 4G(16G)
ストレージ: 500GB HDD
光学ドライブ: DVDスーパーマルチ
画面サイズ: 15.6インチ
OS: Windows 10 Home 64bit
Bluetooth あり(Bluetooth 4.0)
ワイヤレス あり(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)
本体重量: 2.3kg
バッテリー駆動時間: 9.0 時間

メーカーページはこちら

 

13インチ以下、モバイルノートPC

モバイルノートは、その名の通り持ち運びに特化したノートパソコンです。

据え置き型よりも性能は劣るものが多いですが、薄くて軽く、持ち歩くのが苦にならないため、移動しながらの作業に適しています。

Dell Inspiron 11 

モバイルノート最初の紹介は「Dell Inspiron 11」です。

執筆時点での価格は49,980円

注目すべきはCPUとストレージ。

このサイズ、この価格帯ではCeleronやAtomを搭載する製品が多いのですが、この製品はそれらよりも高い処理能力を持つ「Pentium N3710」を搭載しています。

また、ストレージは「128GB SSD」なので、HDDを搭載するPCよりも起動が早く、衝撃に強く、省電力で使用することができます。持ち運ぶことをメインに考えるなら、ストレージはSSD一択でしょう。

パソコン本体の重量も1.2kgと軽く、バッテリー駆動時間も長いので、長時間の移動も安心です。

詳細スペック

CPU: Pentium N3710(1.6 GHz)
メモリ(最大): 4G(16G)
ストレージ: 128GB SSD
光学ドライブ: なし
画面サイズ: 11.6 インチ
OS: Windows 10 Home 64bit
Bluetooth あり(Bluetooth 4.0)
ワイヤレス あり(802.11 A/C)
本体重量: 1.2kg
バッテリー駆動時間: 9.0 時間

メーカーページはこちら

Dell ノートパソコン Inspiron 11 Pentiumモデル ホワイト 17Q32W/Windows10/11.6インチ/4GB/128GB
 

 

Lenovo ideapad 310S

次は「Lenovo ideapad 310S

執筆時点での価格は42,100円。

4万ちょっとで買えるモバイルノートとしては破格の性能です。

CPUがCeleron N3350でメモリが4G、ストレージは128GBのSSDを搭載。

ThinkPad系列ではありませんが、こちらのキーボードも打ちやすそうです。

本体重量が1.7kgと、ちょっと重いのが残念ですが、モバイルノートとして値段以上の活躍をしてくれることは間違いありません。

詳細スペック

CPU: Celeron N3350(1.1-2.4 GHz)
メモリ(最大): 4G(4G)
ストレージ: 128GB SSD
光学ドライブ: なし
画面サイズ: 11.6 インチ
OS: Windows 10 Home 64bit
Bluetooth あり(Bluetooth 4.1)
ワイヤレス あり(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)
本体重量: 1.7kg
バッテリー駆動時間: 6.5 時間

メーカーページはこちら

 

ASUS T101HA

ノートパソコンといえるか微妙なラインなのですが、紹介します。「ASUS T101HA

価格は執筆時点で34,980円。

2in1ノートパソコンといって、キーボードを外せばWindousタブレット、キーボードをつけるとノートパソコンとして使えるパソコンです。

CPUはAtom x5-Z8350、ストレージがeMMCの64GBと、スペック自体は見劣りしますが、文章作成程度なら問題ないでしょう。

ひと昔前のAtomCPUは動画もまともに見れないようなものが多かったのですが、今のAtomなら動画もブラウザゲームもちゃんと動きます。

このパソコン最大の利点はタブレットとして使えることにあります。マウスやキーボードがなくてもタッチパネルで操作することもできますし、スマホのように気軽に、そして快適なWebブラウジングが楽しめるはずです。

詳細スペック

CPU: Atom x5-Z8350(1.44-1.92 GHz)
メモリ(最大): 4G(4G)
ストレージ: 64GB eMMC
光学ドライブ: なし
画面サイズ: 10.1 インチ
OS: Windows 10 Home 64bit
Bluetooth あり(Bluetooth 4.1)
ワイヤレス あり(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)
本体重量: 1.1kg
バッテリー駆動時間: 12.8 時間

 

CHUWI HI10 PRO

 最後にひとつ、キワモノを紹介したいと思います。

CHUWI HI10 PRO」Amazonでの価格は18,500円

専用のキーボード(5,400円)と組み合わせることで2in1ノートパソコンとして使用することができます。

こちらの製品は日本で販売されていない、いわゆる中華タブレットもしくは中華ノートパソコンと呼ばれている製品なのですが、コストパフォーマンスの高さもさることながら、なによりも中身が面白い。

一見、普通のWindowsタブレットのように見えますが、実はAndroidとWindows10の2つのOSが入っており、自由に切り替えて使うことができるのです。

例えば、文章を作成する時はWindowsOSを使い、Webブラウジングをする時はAndroidに切り替えて寝そべりながら…など、自由な使い方が魅力。

正直、今回紹介した商品の中でこれが一番欲しいです。

ただし、日本で販売されていない製品だけに、メーカーの保証にはあまり期待できませんので注意してください。

海外通販のGearbestBanggoodでセールやクーポンがある時を狙えば更に安く買えることもあります。

詳細スペック

CPU: Atom x5-Z8350(1.44-1.92 GHz)
メモリ(最大): 4G(4G)
ストレージ: 64GB eMMC
光学ドライブ: なし
画面サイズ: 10.1 インチ
OS: Windows 10 と Android5.1のデュアル
Bluetooth あり(Bluetooth 4.0)
ワイヤレス あり(IEEE802.11 a/b/g/n/)
本体重量: 522g
バッテリー駆動時間: 動画再生で5 時間

 

 最後に

おすすめする製品は以上です。

私がコストパフォーマンス重視なこともあり、ちょっと偏った紹介になってしまっているかもしれません。

それでも、ここに挙げた製品は全て自信をもっておすすめできます。

少しでもパソコン選びの参考になれば嬉しいです。